産前産後ほっこり和ごはん

助産院の産後ごはんづくりや、産前産後や子育て期の訪問サポートのつれづれ日記。

みんな大好き やっぱり和のごはん。
妊婦さんや産後のお母さん、お母さんのおっぱいから赤ちゃんへ、そして 大きくなる子供たちへ、ほっこり幸せが届きますように。

調味料の選び方、シンプルな調理法や調理器具について、また時には 子育てにおける心の持ちようをお届けしていけたらと思います。

〝産前産後ケア〟の必要性と命を養う「食」の大切さ


今日は、助産院実習中の看護学生さん&助産師学生さんとお話する機会をいただきました。


先輩助産師さんからは 病院とは違う助産院ならではのお産のこと、より自然なお産のお話などなど貴重なお話にウンウンと頷く真剣な眼差しの学生さん。


私は 退院後の生活(←ここ、なかなかイメージしにくい)のお話と、枚方市の産後ケア事業とその対象とならない方もいる現状。産後ケアが必要な社会背景や、産後ケアの目的などをお話しさせてもらいました。


また、妊娠中の食事指導の質問があり、今回は実習中にお産がなく、実際の助産院や産後ケアでの入院ごはんや産後ごはんなど見れなかったかな〜と思うので、学生さん方に妊娠中ごはんや産後ごはんの写真や本を見てもらいたい一心で、一旦 家に取りに戻りました😅


今の産院での主流は、お祝い膳などの洋食フルコースが多いそうで、お産したその日にステーキやバイキングなどもあると聞いて内心ビックリ(!)しつつ、学生さんたちは 助産院のごはんを「美味しそう〜!!」「へ〜根菜がいいんですね〜!!」と、とっても興味深く目をキラキラさせていました✨


助産院名物レンコンもしっかりと伝授させていただきました😋


〝産前産後ケア〟が必要な現状と、命を養う「食」の大切さ、うまく伝わったかなぁ。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。